30代~40代に必要な基礎化粧品とは?

肌に起きている変化とは?

20代の頃は肌のハリや艶もあってあまりケアをしていなくてもさほど問題なかったのに、30代以降肌のハリや艶が無くなってきた、肌荒れなどが酷くなってきたと感じる人も多いのではないでしょうか?これは20代の頃と30代以降の肌質が大きく変化しているためで30代を越えてくると肌は乾燥しやすくなりますし、保湿も維持できない状態になってきます。

20代の頃と比べて女性ホルモンのエストロゲンが減少していることが原因でエストロゲンが減少することにより肌は乾燥しやすく保湿出来ない状態になっていきます。

それと同時にターンオーバーの期間も長期化してしまうため、なかなか肌が正常な状態に戻らないということになり易くなります。

これを解消するためには肌に対して水分を保持できる状態を取り戻せる基礎化粧品や、保湿効果の高い基礎化粧品などを使用する必要があり、30代~40代専用の基礎化粧品に切り替えることが必要となります。

配合されている成分にも注目を

基礎化粧品を選ぶ場合には含まれている成分も重要になります。

近年注目されているのはセラミドを配合した基礎化粧品でセラミドを配合している基礎化粧品を使用することで肌の保水力を大幅に向上させることが可能になります。

セラミドは年齢を重ねるごとに減少していくものですので基礎化粧品を使用して肌に補給してあげることで肌内部の乾燥を防ぐことに繋がり肌のハリや艶を取り戻すことが可能になります。

セラミドが減るとしわなどの原因にもなりますので基礎化粧品選びの際にはセラミド配合のものを選ぶとよいでしょう。おすすめ基礎化粧品人気ランキングで売れているものから選ぶのも良いです。

それと肌のコラーゲン維持のためにはビタミンCが欠かせないものとなりますので、ビタミンCを配布号している基礎化粧品も一緒に選ぶことで更に肌の状態を改善することが出来るようになるでしょう。