美容室やヘアサロンを開業する時に考えなければいけない事とは?

美容室やヘアサロンは、どんな町にもたくさんあります。

様々な場所で美容室を運営している人が多いのですが、全ての美容室の経営が順中満帆という事はありません。

当然ながら、閉店するお店もたくさんあります。

そのため、これから美容室を開こうというならば、気をつけなければいけない事をいくつか紹介しましょう。

駅前のお店を確保できるのか?

多くの美容室やヘアサロンは、駅前にあります。

繁華街の駅前だったり、小さな駅の駅前だったりと駅の大きさには大小がありますが、駅前というのがお店を成功させるうえで大事な要素です。

なぜなら、美容室というのは立地が他の職業よりも大事だからです。

飲食店の場合だと、そこがおいしいお店ならば駅から遠くてもリピートしようという気になります。

しかし美容室の場合は、よっぽど腕が良くなければわざわざ遠い場所の美容室に行こうという気になりません。

そもそも、美容室の腕が良いかどうかというのは、ある程度の腕があれば気にしないという人が多いです。

そのため、駅から遠い場所にお店を構えるのは危険なんです。

駅前にあると、髪の毛をきれいにしてもらったついでに出掛けようというお客さんも呼び込めます。

また、駅前だから通いやすいという事もあります。

そのため、家賃が多少は高くても駅前を確保するのがヘアサロンで成功するコツです。

ご近所付き合いはやっていける?

次に大事なのが、ご近所付き合いです。

駅前でも、駅前に住宅を構えている人はたくさんいます。

また、近隣のお店もたくさんあります。

そういったお店や住宅の人と、ご近所付き合いをやっていけるのかどうか自信はありますか?ご近所から睨まれてしまうと、お店を上手くやっていけなくなってしまいます。

 あるサロンは、開業はしたけども排水の処理でご近所からクレームになってしまったというサロンがあります。

そのクレームがあっても、ご近所付き合いが上手ならばクレームを上手く処理してやっていけます。

経営にとって、コミュニーケション能力というのは大事です。

お客さんとのコミュニーケション能力も大事ですが、経営者にとっては近隣住民や近隣のお店とのコミュニーケション能力も大事なんです。

美容師を確保して維持できる?

コミュニーケション能力という意味では、お店の従業員との距離も大事です。

沖縄のメンズ美容室は一人の店主で経営しているお店もありますが、ほとんどのお店は従業員を確保しています。

その従業員を確保するのは、コネで知り合いから紹介してもらった人なのか、それとも求人で応募するのかですが、どちらにしても美容師達が働きやすい環境なのかというのが大事なポイントです。

美容師は、美容師免許を持っている人を探さなければいけません。

誰でもいいというわけではないので、美容師を確保して維持していく能力があるかというのは大事です。

その時にも、コミュニーケション能力というのは試されます。

経営者ならではコミュニーケション能力が大事なんです。