黒糖は沖縄や鹿児島で主に生産されています

黒糖とは、サトウキビの汁を絞って煮詰めるk事によってできる砂糖のことをいいます。

黒糖の発祥の場所は、奄美大島が有名だと思います。

黒砂糖には種類あるのはご存じですか?「黒糖」「加工黒糖」「テンサイ糖」の3種類があります。

黒糖は前述でも話をしたようにサトウキビを絞って煮詰めて固めたものをいいます。

絞り汁に石灰を入れて沈殿させやすくして作ります。

加工黒糖は、黒糖に蔗糖や廃糖密などを加えることによってざらめなどを加えることによって作られたものをいいます。

今ではサトウキビの絞り汁を使用したものだけに黒糖と表示することが可能となりました。

それ以外のものは加工黒糖と表記されています。

テンサイ糖というのは、糖分の濃度が非常に高く、オリゴ糖などの成分を含んだ糖で作られています。

黒糖は主に沖縄や鹿児島などでサトウキビ畑が多く作られており、主に甘味料として全国に流通しています。

黒糖には多くのミネラルを含まれていることから健康食品としても注目を浴びておりスーパーや百貨店などで販売されています。

沖縄や鹿児島などの九州地方の特産品として知られていますが、海外でも作られています。

フィリピンやベトナム、フィジーなどが有名な産地として知られています。

以前は台湾などでも作られていましたが、今はほとんど賛成がありません。

黒糖も板状で販売されているものやブロックの塊で売られていたり、砕いたり粉上にして販売されたりと色々な形状で販売されています。

コーヒーや紅茶、お菓子などに使われたり、料理にも用いられたりもしています。

今では、一般家庭でも頻繁に消費される調味料となりました。

黒糖は健康食品でも有名ではありますが、蔗糖などの糖分は他の糖分とは違い低くなっていますが、鉄分やカルシウム、ミネラルの成分が非常に多く含まれているので身体にはとてもいいんです。

九州地方では黒糖を使用したっ郷土料理などがとても多く作られています。

黒糖は甘味が強いことから、用途は選ばれがちではあります。

黒糖を更に煮詰めると黒蜜になります。

黒蜜はわらび餅や葛餅などにかけて食べたり、ところてんなどにもかけると美味しく頂くことができます。

中国では豆腐にかけて食べる習慣があります。

黒糖を使用して作られるお菓子にはこのようなものがあります。

黒糖キャラメルやかりん糖、黒糖蒸しパン、黒棒、春駒、ちんすうこう、サーターアンダーギーなど郷土菓子にも使用されています。

また、中部地方や近畿地方などでも白砂糖の代わりに黒糖を使用したお菓子やお饅頭が作られています。

沖縄・九州地方では黒糖を使用した焼酎なども有名です。

すごくまろやかで飲みやすい焼酎では今では人気となっています。

このように黒糖は多くの郷土料理やお菓子、お酒に使用されています。

普通の砂糖を使用するよりもミネラルなどの健康にいいと言われる成分が多く含まれているので、人気のある甘味料となっています。

今や沖縄や吸収だけの生産でなく海外でも生産されるようになりました。