2月 2016

You are browsing the site archives for 2月 2016.

お尻の黒ずみは、気付かないうちに出来ていることが多いです。 普段まじまじと見ることのないお尻ですが、ふと手を当てた時、がさがさしていたり、ぶつぶつしていたり。 黒ずみになっています。 そうなって初めて焦るのが、自分たちです。 黒ずみの一番の原因はお尻に負担がかかっていることだと思います。 普段、自転車を乗っている時擦れたり、座りっぱなしでもお尻に受ける負担は大きいです。 また、下着やストッキングの締め付けから受ける摩擦も原因の一つと言われています。 適度の締め付けは大切ですが、過度の締め付けは、お尻にも体全体にも悪影響です。 また、女性であればホルモンバランスの乱れから黒ずむこともあります。 こちらは一時的なものなので、ホルモンバランスの乱れが治ると、自然に元に戻ることが多いです。 様々な要因がありますが、誰でもお尻に黒ずみができる可能性があるということがわかったと思います。 自分だけでは、と悩まずに、治す方法を考えるのが一番の近道だと思います。お尻の黒ずみを予防するにはこちらを参考してみるといいでしょう。 まずお金をかけずに手っ取り早く出来る方法は、充分な睡眠をとることだと思います。 人間は寝ている間に成長ホルモンを体内で作り出し、体の機能を正常に保つようにしてくれます。 いい睡眠を取ることで、お尻だけではなく、肌全体が復活していきます。 その他、簡単に出来ることは、保湿をしっかりするということです。 時間はかかりますが、保湿をすることで、乾燥により、固くなった肌を柔らかく、正常に戻してくれます。 食事からも黒ずみのケアは出来ます。 メラニン色素の色を透明にしてくれるビタミンCや、ターンオーバーの働きを正常にしてくれるビタミンB2、皮脂の分泌量を整えてくれるビタミンB6の三つの成分がとても効果的だと言われています。 ビタミンCが豊富に含まれている食べ物は、ピーマンやブロッコリー、いちごなどです。 ビタミンB2が豊富に含まれている食べ物は、レバーや納豆などです。 ビタミンB6が豊富に含まれている食べ物は、さんまやピスタチオ、にんにくなどになります。 これだけを過剰に摂取するのではなく、この食べ物も上手に取り入れて、バランスよく一日三回食事を摂るのが一番です。 このように色々黒ずみを取る方法を説明しましたが、手っ取り早く治したい、という人は、思いきって皮膚科に行くことも、一つの方法だと思います。 普段目に見えない場所ではありますが、大切なお尻なので、赤ちゃんの肌のようにとまではいきませんが、いつまでも綺麗に保ちたいと思うのが、自然な感情だと思います。